« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

「喜寿の手習い」2年掛かりでMOT 2007 取得

Photo 秋分が過ぎた秋晴れの日、MOT 2007認定の朗報が舞い込んできました。

2年も掛かるなんて!だが、「高齢者でもやれば出来る」との実感を味わっています。

小生、MOT資格は20032月にExcel 2002 で最初の資格を取得しました。

このとき既に69歳でした。その後PowerPointWord 2002 をとり、翌2004年には前記3科目の2003資格を取得しました。その当時、これで次の次のバージョンアップまで大丈夫、次の次が出る頃には、心身ともに老化して人様に教えることなどできないだろうから、これが最後と思っていました。

その後、2007年に井殿先生からMOT 2007に挑戦してみませんかと言われ、同年中にインストラクション認定研修、スキル認定研修を終えたのですが、高齢による心身の衰えと地域活動等の多忙にまぎれてMCASが遅々として進まず、一時はあきらめかけていました。

実技試験という実用レベル評価のMCASは制限時間内に多くの課題を処理するという知識と操作能力を試される試験で、高齢者にとって最も難しい試験です。

以前から感じていましたが、末梢神経の老化でマウスポインタを思ったところへポイントできなかったり、クリックがダブルクリックになったりさらには無意識のうちに右クリックをしてしまうことが顕著になりました。

また記憶力減退、物忘れのため苦労して覚えたことを翌日には忘れるという現実にも直面しました。

こうなった以上、理屈はともかく体で覚えるしかないと思い、さる出版社の受験対策本に付属の模擬試験CDを使ってPowerPoint24回、Word 20回、Excel 35回の模擬試験をやりました。これだけの回数をやれば問題を見た瞬間に答えは分かっているのですが、その答えを導き出す操作がスムースにできるか否かが勝敗のカギになります。

これで50分の制限時間に対し30分台で回答できるようになり、つまり未知の問題が出ても15分くらいは考える時間がとれるという段階までやって本試験に臨みました。

その結果3科目とも余裕をもってクリアーすることができました。

そうして2年掛かりで目出度くMOT 2007 を取得することができました。

このことから、高齢者でもやる気と根気よく勉強すれば、若者と同じ資格も取れる、年齢の制限はないということを世の高齢者に認識して戴きたいと思います。

また、自分の高齢による心身の衰え、障害をモデルにして高齢者に対するアプローチの改善・工夫をして、より分かりやすい講習を心がけたいと思っております。

ここまでご指導と励ましをいただきました井殿先生はじめスタッフの皆様に心から厚くお礼を申し上げます。

T.S

2009年9月 4日 (金)

おかげさまで★合格★頂きました!!

ほんとに“おかげさまで”です。

なんとかですが、一度で合格を頂けたのも、2つの研修と課題提出でたいへんお世話になった井殿先生のおかげだと思っています。

2つの研修でたくさんのことを学ばせていただきました。

厳しく緊張感がある中にも、元々先生が持ってらっしゃる笑いのセンス!?ユーモアがあり、冷や汗が出るほどしんどく緊張もしましたが、楽しく有意義な研修を受講させていただくことができました。

提出課題では、何度もメールでアドバイス、励ましをくださいました。いつも直ぐに返信してくださるアドバイスコメントが、鋭く、面白いくらいドンピシャな表現で返してくださるので、声を出して笑ってしまうこともありました。返信メールを読ませていただくのが、恐ろしくもあり楽しみでもありました。ほんとうにありがとうございました。

また、研修申し込みから事前学習・フォローといつも丁寧にお世話くださった梶谷先生、そして、研修でご一緒してくださった楽しい受講生の皆様、ありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。

今の気持ちを忘れず、学んだことを忘れず、実践することを忘れず がんばります!!

MN

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のコメント