« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

再提出を乗り越えて、見えてきたもの・・・

 MOT2007の制度になって、私は新規取得でした。スキル認定研修・インストラクション認定研修どちらとも、ついていくのが精一杯でした。当然のことながら、インストラクション認定研修は、再提出になってしまいました。

 

 不合格になった後に、雇用訓練の講師をお引き受けする機会がありました。しかし、失敗の連続でお客様には大変な迷惑をかけてしまいました。振り返ってみると、「教え込む」という一方通行でした。その結果、私は「教えた」という自己満足に過ぎなかったことにようやく気がつくことができ、もう一度、インストラクション認定研修の課題に取り組んでみようと思いました。

 

 とはいったもののインストラクターとしての経験も浅く、再提出に向けて何をどのようにすれば、よいのだろうと悩む日々でした。

 

 そして課題制作に取りかかっても、初めのうちは、受講者に対して手本を見せるだけでしたが、少しずつではありましたが、ビデオの中でインストラクターが行動・発問・セリフなどの一つ一つが、「受講者にとってよいものなのか?やる気にさせるのか?」などと考えられるようになりました。

 

 そんな私でも一歩ずつ前に進み、再提出までこぎ着けることができたことと、合格後、「素直に自分を振り返る、基本やお手本に自分を変えていく。」と井殿先生からメールのお返事をいただきました。
私自身が、素直に受け入れられることが出来たのも、ピコシステムのスタッフの皆様方がやさしく受けとめてくださった上に、課題提出に向けて、細かく・丁寧に指導して頂いたお陰です。

 

 課題を取り組んだことによって、少しばかり成長することが出来たのかもしれませんが、MOT2007の制度におけるインストラクターに求められているものには、まだまだほど遠いものだと実感させられました。

 

 最後に、ピコシステムさんに出会えて、本当のやさしさに触れることができて、本当によかったです。
ありがとうございました。

花の慶次

2009年2月17日 (火)

MOTインストラクション認定研修「合格」しました~!(^^)!

20070415_2_1176610674_1 井殿先生、受講者の方から学ぶことが多く、非常に有意義な講習でした。
私はインストをしておりますが、自己流できちんと学んだことがありませんでした。
今回の講習で、改めて「インストラクション」の姿勢を学ばされていただきました。

特にファシリテーションは、私にとっては未知の分野で非常に勉強になりました。
今回の受講を通じて、井殿先生から励ましのお言葉をいただきました。
また、同じ受講生同士でつながりができて、お互いに切磋琢磨できました。

一人で学習していると、落ち込むことが多いので、私には大いに励みになりました。

今回の合格は、スタート地点に立ったばかりです。
ここから更に学習を続けてゆきたいと思っています。

井殿先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。

                 By K.Sさん

2009年2月16日 (月)

MOTインストラクション認定研修課題に合格しました。

20070719_1184825164_1 これまで数多くの試験や課題に挑戦してきましたが「合格」の知らせは何回でも嬉しいものです。

特に今回は久しぶりに受験勉強を思い出しながら頑張りました。しかし自分だけいくら頑張ってもどうにもならず、講師の方をはじめ
トレーニングセンターの皆さんの親切丁寧なご指導、励ましによって何とか合格できました。

シニアはパソコンが苦手という誤った風潮がありますが、それを打ち破るためにもこれからもっともっと(MOT,MOT)頑張っていろいろチャレンジしたいと思います。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

有難うございました。

by. Sakamoto
-----------------------------------------------
★☆担当講師コメント★☆
MCP保持者でもいらっしゃる、「多忙ながんばるシニアMOT代表選手」さん、インストラクション認定研修課題合格というハードルも見事に超えていただいて、また感動をいただきました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

「認定研修を受けよう!!」と心に決めてから季節は巡っていました・・・

本当にお世話になりました。
飽きっぽい私にとって、課題は挫折しそうになりながらも、なんとか締切ギリギリに提出できました。

井殿さんには、度々メールで課題を見ていただきありがとうございました。
アドバイスを頂けるのを毎回楽しみにしていたので、課題作成が終了した時には
「もうメールをすることがなくなるのだなぁ・・・」と少し寂しくなりました。

これから、さらなるステージに向けて頑張ります!
ありがとうございました。
                        by.Y.O様
----------------------------------------------

☆★担当講師コメント★☆
あの心温まるアイディアあふれる作品には頭がさがりました。

2009年2月10日 (火)

相手は、生きた人間。こちらも人間。

20090109_1231475513_1 XOLさん、本当に合格おめでとうございます。

痛烈な痛みを伴う再提出という作業、ご自分のキャリアそのものを、省みるという作業に、よくぞここまでお付き合いいただき、よくがんばっていただきました。

本当にありがとうございました。
頭が下がる思いと同時に、私も、この合格をうかがって、講師冥利に尽きる歓びで一杯です。

ともすれば、焦点をMOT2007へChangeし、しかも自らに訂正を課す作業は、ベテランであるほど、悲観的なハードルにも向き合う時期もあります。

そのハードルをどう受け止めるかは、これからのXOLさんの授業が答えを返してくれるはずです。

XOLさんらしい、心からの笑顔で、
人間が人間と心を通わせる信頼がどんどん生まれる、
この新しい年がそんな素晴らしい1年になりますように。

スタッフ一同、心よりご活躍をお祈りいたしております。
またお会いいたしましょう。

iden

(合格者の声)

新MOT2007制度
 それは、途方もない厳しくも険しい山登りに挑戦していたのに、気づいたのは1回目の不合格を貰った後でした。
既成概念をすべて、打ち砕かれるように、音を立ててガラガラと岩山が崩れ落ちるようでした。
いままでの、MOTとしての何年間かが、すべて否定されたのです。
《普通》に、インストラクションしては、駄目!
では、いったい何が求められているのか、何度か課題を作成しても、謎は深まるばかり。

てっきり、「申請手続き」ができる日が来ると思い、さっそくMCASを頑張りました。Word2007と、PowerPointは満点でした。
MCASのような試験ならば、勉強することで理解できるように努力することで、1000点も可能です。

しかし、しかし、インストラクション認定研修は、何を努力し、何をすれば合格ラインに達するのか、わかりません。
ヘッドセットも2個目を買うほど、収録しましたが、実りません。
人との対話をしていても、自分は駄目人間なんだと見られてる、と思いこんで、笑顔が引きつっているのがわかりました。

これは、本来の自分じゃない、天性の天真爛漫さ(?)は、いったいどこへ消えてしまったの。自問自答する毎日でした。
それで、一生を終えるのか?死んでも死にきれないぞ~
笑顔が取り戻したくて、また、再挑戦するしかない!!

2009年 年越しあきらめかけていた評価、年始早々の1月5日、ついに来ました、結果メールの二文字の 「合格」いままでは、いつも見慣れた三文字「不合格」ばかりでしたので、ほんとに、二文字なのか、何度も確認しました。 
たしかに、、、、、

では、合格して、今後それを、どう活かしているのか。
そこが、本来の目的です。
1つの講習の為に、その時間の何倍もの準備時間を使い
準備周到にして臨むことで、はじめて自信が生まれる。
自信を持って臨むことで、信頼が生まれる。
相手は、生きた人間。こちらも人間。
認定研修会での、先生の一言ひとことが思い出されて来ます。
やっと、取り戻した笑顔  今はそれを大事にして行こうと思っています。

XOLさん

2009年2月 9日 (月)

自分を信じて、あとは祈るのみ・・・

MOTインストラクション研修の2日間の研修は私にとっては、有意義な研修でした。
正直、かなり厳しいと前評判を聞いていたので、不安な気持ちを抱えての受講でしたが、終わってみると、あっという間の2日間でした。

日頃、イスンとラクターとして「これでいいのか?」と、不安に思っていたことが、解決できただけでなく、経験を積むことで、自分なりに考え、改善してきたことは、間違っていなかったと、再認識させていただき、自信にもなりました。(操作を教えるのではなく、自分で気づいていただく、ヒントを提供する、職場や家庭に帰っていかに使いこなしていただくか?を考える・・・etc)

とくに、先生が力説されていた、ファシリテーションスキルについては、インストラクターとしてだけではなく、わたしが携わっている仕事全てにおいて身につけておきたいスキルだと実感し、研修から戻っても、何度もテキストを開き、先生の言葉を思い出し、業務に反映させるように努力しております。

また、今回の講習では受講者の世代が幅広く、職種も多種にわたっていたため、受講者間で情報の交換ができたことも、大きな収穫でした。

講習の最後に井殿先生がおっしゃった、
「わたしがみなさんにお伝えできることは、全てお伝えしました。もう教えることは何もありません。」
この言葉を聞き、これで提出課題を精一杯頑張って作らないと、井殿先生に申し訳ない、足を向けて寝られない!と・・・奮起することができました。

そして、家に戻り一か月間、井殿先生の言葉を思い出しながら、課題と格闘。提出までに、何度も先生にメールや電話をし、教えを請い、励ましていただき、課題提出。
実は、最終段階でかなりグタグタと悩んでいたのですが、「自分の判断を信じて。あとは祈りましょう。」の先生のその一言で、踏ん切りがつき・・・いい結果がでたような気がします。

合格のメールを確認して、すぐに先生に電話。

すると・・・・

「わぁ!!!!おめでとうございます。よかったですね。そろそろ結果が出るころだと思って気になっていたんですよ。よかった。わぁ嬉しい。本当によかったです。頑張りましたものね・・・・(かなり続く)」

わたしがしゃべる間もなく、周りの人に聞こえるくらいの大きな声で、喜んでくださいました。

わたし以上に喜んでくれる人がいる。

なんて幸せなんでしょう。ちょっぴり涙がこぼれました。

最後になりましたが、今回の講師をしていただいた井殿先生の熱心な授業に、プロのインストラクターとしての姿勢を教えていただきました。この素晴らしい出会いの場を作ってくださった、すべてに感謝しております。

okyoさん

(講師コメント)

・・お電話ではびっくりさせる大声で喜んでしまいましたが、新年のうれしい第一報でした。ありがとうございました。合格、本当におめでとうございます。

okyoさんが、事前に、調べに調べたうえでわたくしどもピコシステムを選んでお申し込みくださったと伺い、スタッフ全員がどれほどこの出会いをいただき喜んだことでしょう。しかもご遠方から、海を越えてお越しいただいて、お返し出来ることは、ただ、全力でサポートをさせていただくことだけ。

そして・・・確かに。okyoさんの回は、ご参加くださった皆様のジャンルが多岐にわたり、あのMSセミナールームは苦し楽しい?!マジカル空間で(笑)本当に楽しかったですね。また広島同窓会でお会いできることを楽しみにいたしております。笑顔で元気にご活躍の1年となりますように、スタッフ一同心よりお祈りいたしております。

iden

2009年2月 5日 (木)

MOTのススメ~

念願のMOT2007を取得しました!!やった~!そもそもMOT2000を取得していましたが異動や職種の変更で更新をサボっていました。
そしたらあっけなく資格剥奪・・・あぁ~勿体無い・・・

で、一念発起して再度MOTにチャレンジ!久々にMOTのサイトを見てビックリ!「う~なんじゃ、こりゃ!えらいシステム変わっとるなぁ~。。。何々・・・MCAS、スキル認定研修、インスト研修、課題提出・・・、
・・・、・・・え~っと全部足したら!!!うわぁ~!

勉強するのも大変だけど、こりゃコッチも大変じゃなぁ・・・いや~
でも取ると決めたら取るのだぁぁああああ!でまずはMCASをダダダ~と取りに行きました。ヨッシャ~!この調子じゃ~、ハイ、次行くでぇ~。

ヨシ、次はスキル認定、インスト研修・・・フムフム、岡山ではピコシステムさんね。
近いし、申し込むぞ!おぅ!私は不覚にも「研修を受ければ、OK」みたいな軽いノリで受講しました。

ところが・・・ドッコイ。スキル認定ではWord、Excel、PowerPointを使って最終的な成果物を提出するのですが・・・結構キツかった~。でも面白かったのは私を入れて4名で成果物を各個人が作成しますが、人によって見方が違うと完成する成果物も全く違うのです。「あ~、そういう見方もあるな」とか、
「あ、そんな風に作ると分かりやすいな・・・」とか、いろいろと刺激を受けました。

で次はインスト研修。コレもスキル認定でかなりなプレアピールを受けたため少しは覚悟をしていたものの・・・本当に大変!何をどうしたらヨイのやら、最初は全く分からない・・・井殿先生からはダメ出しの嵐・・・ヒュルルル~、
あ~、一体どうすればヨイのだ・・・???

で、そこで井殿先生が一言。「いつもの○○さんみたいに、お客さんに語りかけるように話して!キモチがこもってナイッ!」「うん?何々・・・いつものように
でヨイのか・・・そうか・・・ビデオに撮るからって、何を私はかしこまっているんだ・・・ヨッシャ~!いつものようにやるぞ!」井殿先生「そうっ!それよ、それっ!
その調子っ!」と熱血ドラマのような熱いトークで盛り上がり・・・!これぞ!
「生のファシリテーション!」を井殿先生に見せてもらいました。う~ん、私はいつの間にかノリノリになっていました・・・

その後、課題提出もかなり苦しみ・・・なんと提出物は「もう少し、もう少し・・・」
でやっていたら徹夜になってしまい、タイムアウト。そのまま寝ずに長野に
出張・・・というハードスケジュールでした。なかなか結果が出ずにモンモンとしましたが、なんとかギリギリで合格しました。

今、振り返ってみると、私にとって非常に有意義な研修でした。実は私はOfficeのインスト等はしていないのですが、プレゼン、デモンストレーションなど人前で話すことの多い仕事をしています。特にインスト研修では学ぶことが多かったです。以前よりももっと「プレゼン」「デモ」「講習」などでお客様から自分に与えられた時間を有効に使いたい!という気持ちが増してきました。

というわけで熱く語ってしまいましたが、結論は「ピコシステム」さんの研修はヨイ!ということです。私はピコさんの回し者でも何でもありませんが、率直な
感想です。MOT取得のために受講しましたが、他に得るものが多く、今まで受講してきた研修の中で最も有意義な研修だったと感じています。なかなかこんな
研修ないですよ!一度も眠くならない研修でした、というか・・・目がギンギンギラギラするような濃い~ぃ研修でした!こんな研修なかなかないでしょっ!
私も見習わなければ・・・

私は大声で言いたいっ。「MOTのススメ~!!」   by どきゅ子

2009年2月 4日 (水)

双方向コミュニケーションのすばらしさ!

このたびのMOTインストラクション認定研修の合格は
本当にうれしいものでした。
というのも、これまでと同じような更新方法でいけるだろうとのんきに考えていましたので、いざ認定研修が始まるとなかなか2007にはついていけませんでした。
研修中に説明していただいた双方向コミュニケーションの大切さも、脳の中の相当軽い部分でしか理解できていなかったにもかかわらず、わかったような気になって、「何とかなるわ」というような思いでした。

思い返すのも恥ずかしいような不勉強の状態で認定研修に参加した私でした。
しかし、2日間の認定研修にはほかに3人の方もご一緒
でしたので、この点がとても嬉しかったです。

ほかの方の決めた内容や発表を聞かせていただいて、自分に足りないところを発見できたり、なるほど!すごい!と感じたりできて、
「これは私も頑張らなければ・・」という気持ちになりました。
これぞ双方向コミュニケーションのすばらしさ!だと痛感しました。
(インストラクションするときの双方向コミュニケーションとは少し異なりますが)
自分ひとりでは双方向コミュニケーションの本当の意味と大切さを実感することができなかったと思います。

また、不勉強でなかなか要領を得ない私に、とても気長にご指導くださった井殿先生には本当に感謝です。
どうもありがとうございました。

 これからもたくさんのアドバイスをよろしくお願いいたします。

2009年2月 3日 (火)

今、講師に求められているもの

数年ぶりの積雪とともに、先日インストラクション認定研修 課題評価の通知が届きました。
結果はC判定。でも何とか勝ち取った合格。大切にしたいと思います。

昨年、単純にMOTの更新のため、「たっか~!」と思いながら、気楽にスキル認定研修+インストラクション認定研修を連続3日で申込み、当日『ガガガ~ン!!』と打ちのめされたことが、懐かしく思い出されます。

申込時は以前高松で受講したT.T.T.の内容を思い描き、
「行けばもらえる」とたかをくくっていました。
しかし、今回の研修の内容を厳しさ、質の高さ!!

日頃の業務の中に講師の選定という仕事もあり、なんとなく感じていた、『今講師に求められているもの』を目の当たりにしました。

ファシリテーション技術、双方向コミュニケーション、etc・・・

いずれも『納得』の技術ですし、実際に講師を選定する際には、重視されるポイントであると思います。
第一受講者にとっては、講師にこれらの技術のあるないはとても大きいですよね。

しかし、インストラクションする側にはこれが難しい・・・
これらを研修中に一つ一つ丁寧に教えていただくだけでなく、研修後の課題作成時にも、メールで指導してくださる井殿先生の姿に、 最初の「たっか~!」という気持ちが恥ずかしくなりました。

研修後の実務のインストラクションでは、とても悩みました。
授業の前には、受講者の方々の顔や声を思い浮かべ、
「これでいいのか」と自問自答のくり返し。
結果は・・・まだまだ修行が足りません・・・
評価の中にあった『実務を通してより一層の研鑽を』という言葉を忘れないよう
に、これからもがんばりたいと思います。

井殿先生をはじめとするピコシステムの皆様、
一緒に受講してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様と出会えたのも、この研修の産物です。
とてもいい刺激をいただきました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2009年2月 2日 (月)

私にとってインストラクターは天職

お久しぶりです。
まだ、合否判定の通知はきていませんが、毎日の仕事がすごく楽しくなりました。
ちょうど、1月から初心者向けの講座を2つ始めました。
インストラクション研修のおかげで、双方向のコミュニケーションをどんどん盛り込んでいます。
そうすると、なんとなく生徒さんとの信頼関係も生まれてくるし、自分も授業をやっていてすごく楽しくなっています。
最近自分で実感いたしました。“私にとってインストラクターは天職なんだなぁ…”と
本当にありがとうございました。<(_ _)>

まさか私が試験に合格できるなんて!!

20070617_1182057016_1 「Microsoft Office Specialist Word&Excel2003」合格~(^_-)-☆
                                       by S.N様

試験に受かった時の「嬉しさ」は、なんともいえないですね・・・

大人になってからの勉強は、とても新鮮な気持ちになれます。

この教室の空気はいつもなごやかで、やさしい先生方に囲まれ、毎日楽しく勉強することができました。

毎日通いながら「勉強に近道なんてないんだ」と改めて思いました。

私が「合格」出来たのも、先生方の教え方の上手さ・主人と義父母の理解と協力のおかげだと思い大変感謝しています。

これからも、さらにステップアップ出来るように勉強を続けていきたいです。

本当にありがとうございました!!
○▲□●△■○▲□●△■○▲□●△■○▲□●△
ご協力ありがとうございましたm(__)m
(きれいな写真まで・・・)
そして「合格」おめでとうございます~!!

ほんと、良かった良かったね。。。                           (^u^)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のコメント